ホーム>交流戦>東障囲碁サークル交流会

東障囲碁サークル交流会

8月中旬に東京・三田にある東京都障害者福祉会館で行われます。 東障囲碁サークルとは障害を持っている方を中心として様々な方々が一緒 に囲碁を楽しんでいる会です。 平成22年度に15回目を迎えたこの交流会は、東障囲碁サークルの方の「同じメンバーと打つことが多いので、他の団体と打ちたい」 との希望により、日本福祉囲碁協会に関東学生囲碁連盟を紹介していただき 交流会を持つことになりました。

この交流会では一人最低4局は打ち、チームとしてその勝ち数を競います。 同級・同段の方はにぎりを行い(6目半のコミ出し)、一級差のときは下手が 黒番でコミなし、それ以降は2級差だと2子、3級差だと3子というように 置き碁になります。